内視鏡検査を知る 上部内視鏡検査の流れ 大腸内視鏡検査の流れ 〜前処置から検査が終わるまで

下部内視鏡検査の流れ

ここでは、自宅で下剤を服用する際の手順を紹介します。
なお、前処置の方法は施設により異なりますので、検査を受ける医療施設でお確かめください。

1
食事

イラスト:食事

検査前日の昼食と夕食は消化のいい検査食をお勧めしていますが、無理な場合は夜8時までに繊維質の多いもの(海藻類、こんにゃく、生ジュース・種のある果実)を避けて軽くお取りください。
下剤(センノシド2錠)が処方されている方は、前日就寝される前に内服してください。

2
下剤を飲みます

イラスト:下剤を飲みます

検査の4時間前から、約2リットルの下剤を1時間に1リットルの速さで服用してください。

3
排便

イラスト:排便

下剤を飲み始めて30~60分で最初の排便があります。
その後、5~8回の排便がありますが、固定便→泥状便→黄色の水様便に変化していきます。
濁りがなく透明か薄い黄色になったらOKです。

4
着替え

イラスト:着替え

腸の中がきれいな状態になったところで、検査着に着替えてください。
お尻の穴が開いているパンツですので、向きを確かめてください。

5
腸の動きを抑える注射

イラスト:腸の動きを抑える注射

大腸の動きを抑える注射をします。

6
検査 ~ 大腸を観察します

イラスト:検査 ~ 大腸を観察します

肛門からゆっくりと内視鏡を挿入していきます。
直腸から盲腸まで大腸全体を観察します。
内視鏡の画像を見ながら、医師の説明を聞くことができますし、ポリープなど見つけた場合は、その場で切除することもあります。
ほとんどの場合、大きな苦痛はありません。

7
検査が終わったら

イラスト:検査が終わったら

しばらく安静にしてください。時間になれば看護師が呼びに来ます。

8
結果説明

イラスト:結果説明

鎮静剤等を使うことがありますので、車の運転は控えてください。
ポリープを切除した場合など、1週間ほど飲食・運動・旅行を制限していただくことがあります。

(監修:国立がん研究センタ―中央病院 内視鏡科)

ページ上部へ戻る