内視鏡検査を知る 上部内視鏡検査の流れ 大腸内視鏡検査の流れ 〜前処置から検査が終わるまで

上部内視鏡検査の流れ ~ 経鼻内視鏡の場合 ~

検査当日は食事をとらないようにしてください。
ここでは、鼻から入れる経鼻内視鏡検査の進め方を紹介します。
なお、前処置の方法は施設により異なりますので、検査を受ける医療施設でお確かめください。

1
消泡剤を飲みます

イラスト:消泡剤を飲みます

胃の中の泡を取りのぞき、胃の壁をきれいにするために、消泡剤(やや苦目の白い液体です)を飲みます。

2
鼻腔に局所血管収縮剤をスプレーします

イラスト:鼻腔に局所血管収縮剤をスプレーします

鼻腔粘膜の血管を収縮させます。
出血しにくくするとともに、鼻の通りもよくするために行うもので、左右の鼻腔に噴霧します。スプレーは風がシュッと入るような感じで、痛みはありません。

3
鼻腔に麻酔薬を注入、局所麻酔を行います

イラスト:鼻腔に麻酔薬を注入、局所麻酔を行います

左右のうち、通りの良い方の鼻腔内に、小さな注射器型の注入器で注入します。
局所麻酔ですから眠くなりません。

4
麻酔薬を塗ったステックを挿入

イラスト:麻酔薬を塗ったステックを挿入

細くてやわらかいステックにゼリー状の麻酔薬を塗り、鼻腔に挿入して局所麻酔を行います。
鼻の穴の痛みが抑えられ、内視鏡の通りがスムーズになります。
このあと、少しサイズの大きいチューブを再度挿入、検査直前にはこのスティックをスライドさせて麻酔が効いているか確認します。

5
鼻から内視鏡を通します

イラスト:鼻から内視鏡を通します

ゆっくりと内視鏡を挿入します。
このとき、違和感はあるものの、鼻からの通り道(中鼻道など)に痛みを感じることはほとんどありません。

6
食道、胃、十二指腸の中を観察します

イラスト:食道、胃、十二指腸の中を観察します

食道、胃、十二指腸の順に観察していきます。
モニターを見て、自分の目でもその様子を確かめることができます。
口は自由になっていますから、医師に質問することもできます。

7
検査が終わったら

イラスト:検査が終わったら

結果説明を聞いて終了です。
眠くなる麻酔は使わないので、すぐに帰れます。
約30分で水も飲めますし、食事もできます。

(監修:出雲中央クリニック)

ページ上部へ戻る