健診・ドックの消化器内視鏡は延期を ~ 日本外科学会などが提言

一般社団法人日本医学会連合(会長:門田守人)は、日本外科学会など11学会と連名で「新型コロナウイルス陽性および疑い患者に対する外科手術に関する提言(改訂版)」をリリースした。
この提言では、患者や社会に十分な外科医療を継続的に提供するために、特に医療従事者の感染リスクを過小評価してはならないこと、また、医療従事者を感染から守ることが最優先事項の一つであることだと強調している。

この中で、健診・ドックの消化管内視鏡は“致命的疾患でない、急を要しない外来手術など”として延期するように促している。

なお、この提言は暫定的なものであり、今後の本邦における新型コロナウイルス感染症の蔓延の程度、同疾患の病態解明の進捗、治療薬・予防ワクチンの開発状況よって本提言の内容は適宜見直すものとしている。

詳しくはこちら  https://www.jmsf.or.jp/files/20200410covid19.pdf

日本消化器内視鏡学会...

トピックス一覧に戻る

日本消化器内視鏡学会...

ページ上部へ戻る